出産時サラ金から借り入れした専業主婦、無利息で借りれたのに

子持ちの専業主婦が出産時にサラ金からお金を借りたときの体験談

出産ともなるとお金も入用となるはずです。
だから借り入れをということでサラ金に申し込み、なんてしちゃったとある子持ちの専業主婦の嘆き。
出産に関しては健康保険で無利息貸付などあることを知らなかったのです。
サラ金行く前に役所で相談、ってわけです。

キャッシング申込する女性

子供が生まれてから籍を入れたぐらいなので、出産のための備えはしていませんでした。
そんなわけですから急にいろいろとお金が必要になったというわけです。

そのときの私も旦那も無知なもので、どこからお金借りることをしたのかというと、
消費者金融、よく言うサラ金ってやつです。
おっきなお腹抱えたままで申し込みにいきました。
来店無しで契約するよりも店舗に出向いて融資お願いしたほうが即日で借りられる可能性が高い、
なんて噂を聞いたもんですから。
実際はどうなのかはわかりかねますが。

その時に勤めていたところから産休手当てが既に出ているのならばまた話が
違ったのでしょうが、それが支給されるのは後でということで、仕方ないけど
貸金業者から借りるかあ、としたわけです。

で、あとになって出産費用の借り入れに関して調べてみたら、わざわざ貸金業者頼りに
して借りることもなかったんじゃあないか、なんてことに気付いちゃったわけです。
国、というか健康保険でも貸付制度やっている、なんて話なんで。
おまけに無利息ということですから、こりゃどうみても健康保険の貸付のほうが
分があるわけです。
クレジットカードのリボルビング払いでいろいろ必要なものを揃えるくらいならば、
やっぱりこっちのほうが分があるわけです。

なんでも、健康保険で支給される出産育児一時金の一部を無利息で前借りできると
いったものになるようです。
そして、その返済も一時金から完済するということになります。
通常ならば返済額引いた残り分もプラスではあるでしょうから、借りれた分引いて
残りの分は出産育児一時金として振込みされる、ということになってきます。
金貸しから借り入れした場合のように、毎月何日までに入金して、なんてことは
必要ないわけです。

私のときもサラ金に足運ぶくらいなら、役所に足運んでみたほうがよかった、
というわけなのでしょう。
いやー、失敗した〜。


無職の専業主婦は借りれないのか!柔軟審査の消費者金融なら試す価値は無限大!!
↓ ↓
サイトトップへサラ金※審査甘い業者一覧