サラ金から督促電話、咄嗟に貸金業者に無理な振込みの約束

サラ金の取り立て。催促電話

信販会社勤務のサラリーマン時代に督促係してました。
サラ金利用していて振込み遅れたなんて場合には、取り立てはなくとも電話は来たはずです。
その際、消費者金融といった他の貸金業者でもそうですが、できない約束はすべきでないです。

電話での約束イメージ


信販会社で督促担当していた元サラリーマンです。
督促というのは、いわば振込みが遅れていたり、引き落としができなかった客に
支払いを催促するようなものです。
支払期日過ぎても入金がないことを客に知らせて、遅れた支払いを客に自主的に
済ませてもらおうというわけです。

世の中の人にはサラ金なんかには回収担当の者がいるんだから督促の連絡なんて
必要ないんじゃあないか、なんて思う人もいるかもしれません。
入金がない、ということでは、いろいろな場合がありますので、連絡を入れてみたほうが
いい場合もあるわけです。

たとえば、初めて支払いが間に合わなかった、なんて場合にはお金が用意できなくて、
といったことよりも忘れていたとかたまたま勘違いしたなんてことも少なくありません。
こういった場合、連絡を入れてみれば即日とまではいかなくとも早いうちに入金が
ありますから、連絡もせずにただ待っているだけよりかはよろしいわけです。

ましてや、そんなちょっとしたことならばわざわざ回収担当が出向いて取り立て、
なんて余計な手間を掛ける必要もないわけです。

もちろん、支払い催促の連絡を入れたところで、まだ払えないと返されることも
少なくありませんでした。

こういった場合、いつ頃振込みできるのか、といったことを聞いてみる場合も
少なくはありませんでした。
いつ頃払ってもらえるのかがわかるのであれば、こちらもそれに合わせればいいわけですから。
少なくとも無駄に何度も連絡する、といったことは避けられます。

いつ頃払ってもらえるのか訊かれた場合に、客によっては咄嗟に適当な日取りを挙げて
答えてしまう、なんて場合がありました。
何とかしたい、そんな思いから、ついできない約束をしてしまうわけです。

信販会社だけでなく消費者金融とか他のサラ金業者でも同様でしょうが、でっち上げで
物事言われるのはかえって迷惑になる場合があります。
どうにか心象をよくしようということかもしれませんが、かえって逆効果になってしまいます。

わからない場合はわからないと正直に告げたほうがいいでしょう。

借入先が見つからないけど取り立て電話が鳴り止まないヤバい状況の人は一点突破で下記がよいです。
サラ金TOPサラ金※審査甘い業者一覧