延滞分の回収、強制執行での差し押さえ

キャッシングやローン、クレジットカードの支払いも長期の延滞となれば、何かしら滞納分回収のために強制執行といった動きをとられることもあります。

給料での収入ある会社員相手の強制執行ならば、勤め先把握できていることを回収に利用することでしょう。

執行官
※こんな過激な執行官は来ないと思います


サラ金の支払いの延滞も長期となり、
それでも振込みなり入金される様子がないようならば、強制執行といった手段でお金の回収をしようとする業者は多いです。

長期延滞でそのまま支払うつもりが見られない、というのであれば督促の段階も進み、
そういった手段に訴えてくる場合もないわけでもありません。
単なる脅しとしてそんなことを言ってくる場合もないわけでもないですが、実際に
その段階まで話が進んでしまう、といったことはまったくないわけでもありません。

タカをくくって取立ての電話連絡を無視していた挙句にそのような目に遭う、といったこともないわけでもないのです。

消費者金融や信販会社、それから銀行などにしても、会社員相手の強制執行での回収方法としては、給料の差し押さえとなることは大半ではあることでしょう。
勤め先を把握しているのであれば、その方法がよろしいわけです。

何かしらを没収して、といった手段を採るよりも滞納分を取り立てするにはよろしいわけです。

よく税金未納だと家財道具を没収されてそれを現金化して回収の足しにする、といったようなことを見たり聞いたりはしますが、クレサラの取り立てではそこまでやることはない、ということにはなってきます。

会社員相手の場合には、一応は給料での収入がそこで勤めている限りはあるわけですから、そこから未納分を払ってもらったほうが余計な手間も掛からずよろしいということなのかもしれません。

もちろんちょっとの支払い遅れで強制執行というカタチでの回収をされるということにはなりえません。
商工ローンのある業者みたく、融資前に公正証書を作成するようなイケイケの金貸しは別です。

それこそ借りパク同然に長期に渡って返済額振込みもせず、なんて具合だとそういった手段を採ることもあるわけです。

サラ金からのキャッシング利用もいい加減な使い方をしていると、とんでもない目に遭う、
といったこともないわけでもないのです。

サラ金会社真心と優しさ満杯!融資実績が多数あるサラ金業者はトップページに掲載しております。
↓↓↓
サラ金審査甘い業者一覧